【動画】小じわ取り機を違法販売容疑、業者代表ら2人逮捕 大阪府警=長谷川健撮影
[PR]

 日本で未承認の米国製小じわ取り機「サーマクール」を医療機関に不正に販売・リースしたとして、大阪府警は25日、医療機器販売会社「セイルインターナショナル」(大阪市住之江区)の代表取締役の坂口時彦容疑者(62)=大阪市中央区高麗橋1丁目=ら2人を医薬品医療機器法違反容疑で逮捕し、発表した。坂口容疑者は容疑を否認しているという。

 ほかに逮捕したのは、同社の元販売課長の田中聡容疑者(47)=大阪市福島区野田3丁目。生活環境課によると、2人は共謀し、昨年10月~今年1月、国内未承認のサーマクール計3台を東京都豊島区などの三つの医療機関に販売・リースした疑いがある。坂口容疑者は、「(法的に認められた医師の)輸入を代行しただけだ」と供述。田中容疑者は容疑を認めているという。

 サーマクールは棒状の先端部分を顔に当てて電磁波による刺激でコラーゲンを増やし、小じわやたるみを取るとされる。国内未承認で、医師免許のない業者が輸入し、販売・リースすることは禁止されている。医師は治療目的で個人輸入し使用できるが、販売・リースは禁止されている。

 同社は医師免許のコピーを無断使用して書類を作成し、サーマクールを不正に輸入していた疑いもあり、販売・リースの容疑に加え、厚生労働省が3月に刑事告発。府警が捜査する。

 同社をめぐっては、サーマクールの使用済みの部品を医療機関から買い取り、滅菌処理して別の医療機関に転売していたことが朝日新聞の報道で発覚。やけどや水ぶくれの被害が確認され、厚労省が転売された部品の使用中止を呼びかけていた。

関連ニュース