[PR]

 連合愛知は、中部電力労組出身の土肥和則会長(60)の後任に、トヨタ自動車労組出身の佐々木龍也氏(56)を内定し、27日発表した。任期は2年。10月30日の定期大会で正式に決める。佐々木氏は、トヨタグループの労組でつくる全トヨタ労働組合連合会の会長を9月16日まで務めた。

 連合愛知の会長は、トヨタ労組の出身者と、それ以外の労組の出身者が交互に務めてきた。退任する土肥氏は、中部電労組の委員長や連合愛知の事務局長を経て、2012年から会長を務めてきた。

 連合愛知傘下の組合員は54万人。民進党の有力支持基盤で、愛知県の小選挙区に民進党が立てる14人全員の推薦を26日に発表したばかりだ。

こんなニュースも