[PR]

 香芝市で19日に開かれる大相撲巡業香芝場所に合わせ、学生と地元工房が協力してグラスや湯飲みを作った。学生のアイデアを生かした商品は、名付けて「どすこい!グラス」。開催日に記念グッズとして販売する。

 クリアグラス、カットグラス、陶器の湯飲みの3種類がある。クリアグラスは底面に土俵がデザインされ、カットグラスは取組をする力士がデザインされている。陶器の湯飲みにはキャッチコピーの「どすこい!香芝」の文字が刻まれている。

 市が協定を結んでいる大阪樟蔭女子大(大阪府東大阪市)と、ガラス彫刻工房ONO(香芝市下田東5丁目)が連携。同大ライフプランニング学科の学生6人が意見を出し合い、デザインやキャッチコピーを考えた。

 工房の尾野貴昭代表(42)が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース