写真・図版
[PR]

 スマートフォンやパソコンを長時間使っていると、うつむいた状態で猫背になりがちです。その姿勢が、からだの不調の原因になっているかもしれません。

 頭を支えている首の骨である頸椎(けいつい)は本来、体の前に向かって緩やかなカーブを描いている。このカーブがクッションのような役割をして、体重の約10%の重さがある頭を背骨の真上で支えている。ところが近年、このカーブが失われてしまった「ストレートネック」の人が増えているという。

 猫背の状態でスマホやパソコンの画面を見ようとすると、あごが上がって頭が体より前に出ている状態になる。すると、あごを引こうとしても頭と頸椎の付け根の筋肉が硬くなっているため、うまくうなずけなくなる。「結果的に、頸椎の真ん中を曲げようとしてカーブが無くなり、ストレートネックができあがる」と、首都大学東京の竹井仁教授(理学療法士)は説明する。

 姿勢が崩れて頭が体の前方に移…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら