【動画】クルドの独立を問う住民投票を現地からリポート=杉本康弘撮影
[PR]

 少数民族クルド人を主体とするイラク北部の自治政府「クルディスタン地域政府」(KRG)で9月25日に独立の賛否を問う住民投票が行われ、賛成が92%超に達した。クルド人は「国を持たぬ世界最大の民族」と呼ばれ、イラン・イラク戦争中の1988年には、イラク北部で住民が虐殺された事件もある。朝日新聞の渡辺淳基・ドバイ支局長は、熱狂に揺れるKRGの中央都市アルビルで住民投票を取材。現地の様子や今後の見通しを、動画とともに報告する。

関連ニュース