「希望の党、中間層に新たな選択肢」 中国メディア分析

有料会員記事

北京=延与光貞
[PR]

 中国では、今回の解散総選挙安倍政権の命運にどう影響を及ぼすのかが最大の関心事だ。

 国営中国中央テレビは、特派員が東京から報告。安倍晋三首相の狙いについて「北朝鮮情勢の緊迫で回復した支持率と野党の準備不足を利用して、自らの政権基盤を固め直して憲法改正の主導権を回復すると同時に、森友学園加計学園のスキャンダルの追及から逃れようとした」と紹介した。

 だが小池百合子東京都知事が率いる「希望の党」の登場で状況が一変したと指摘。「安倍政権に不満を持ちながら、力のある野党がないと考えていた中間層に新たな選択肢を与えた」と述べ、安倍首相の狙い通りにはいかない可能性が高いと分析している。

 また「世論調査で安倍首相へ…

この記事は有料会員記事です。残り176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら