[PR]

 JR秋田駅西口で若者らに親しまれたファッションビルの旧「秋田フォーラス」が10月28日、「秋田オーパ」として新装オープンする。東北や秋田で初出店する店舗も多く、中心街ににぎわいを呼ぶ場として期待されている。

 秋田フォーラスは1974年に「ジャスコ秋田店」として開業して以来、ファッションブランドや大型書店など57店舗が入る駅前の拠点として知られた。だが今年2月、老朽化に加え、駅前の整備事業にも合わせるため閉館した。

 秋田オーパは地上8階(地下1階)建てで、売り場面積約1万1500平方メートルに約60店舗が入る予定。株式会社「OPA」(千葉市)が運営する。旧秋田フォーラスにあった名画座「シネマパレ」は閉館したが、大型書店「ジュンク堂書店」やCD店「タワーレコード」など約25店舗は残ることになった。

 新しい出店は24店舗(東北で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら