[PR]

 福山市は、市民や出身者のふるさとへの愛着や誇りを醸成し、広く福山の魅力を発信してもらおうと、新たに「福山ふるさと大使」を創設した。その第1号として、ラジオDJなどで活躍している市出身の小林克也さん(76)に委嘱した。

 小林さんは慶応大学在学中からコンサートの司会やDJを始め、その後も俳優やミュージシャンなどとして幅広く活動している。市によると、小林さんは近年、「ふるさと福山に貢献したい」との思いを強く抱くようになり、それを受けて新たに大使を設けた。

 市では、市の花であるバラや観光といった個別のテーマで大使を設け、歌手の加藤登紀子さんやAKB48の元メンバーらが務めたが、市出身者としては初めてという。(広津興一)