[PR]

 安芸市出身で大相撲の栃煌山雄一郎関(30)=本名影山雄一郎、春日野部屋=の激励会が9月29日夜、安芸市内のホテルで開かれ、市民ら約200人が集まった。

 郷土後援会の主催。栃煌山関は今年6月に結婚し、秋場所が始まった直後には長女禀(りん)ちゃんが誕生。秋場所は1年ぶりに三役に返り咲いたが、6勝9敗と負け越した。ファンからは「結婚おめでとう。大関を目指せ」と熱い声援が送られ、横山幾夫・安芸市長は「新たな気持ちで精進して大関、そしてその上を目指してください」と励ました。

 栃煌山関は「家族も増えたので責任もある。もっと上にあがれるようにしっかり稽古してがんばります」と誓った。(笠原雅俊)