[PR]

 授業中に常勤講師の男性(23)を繰り返し蹴るなどしたとして、福岡県警は29日夜、福岡市東区の私立高校に通う1年生の男子生徒(16)を傷害の疑いで逮捕した。様子を映した動画を他校の生徒がツイッターに投稿して拡散。把握した県警からの連絡を受け、学校側が被害届を出していた。

 東署によると、男子生徒は28日午後3時ごろ~同35分ごろ、学校の教室で、講師の背中を足で蹴ったり、拳で殴ったりするなどして、打撲のけがを負わせた疑いがある。約40秒の動画には、暴行する様子が映っていたという。

 29日夕に会見を開いた校長によると、男子生徒はタブレット端末で勝手に動画を見ていたことを注意され、逆上したという。動画は、撮影した生徒がクラスのLINE(ライン)グループに投稿。それを別の生徒が中学時代の友人同士のLINEに投稿し、次々と拡散した。

 友人同士のLINEに投稿した生徒は、「クラスで起きている暴力をなんとかしたいと思った」と話しているという。被害届を出したことについて校長は、「限度を超えた暴力だと判断した」と説明。「その場にいたクラスの子も止めたり、他の先生に報告したりできなかった。我々の教育はまだまだだと感じている」と話した。