[PR]

 門真市は、子どもの貧困対策として困窮家庭を早期に把握し、支援するモデル事業を10月から始める。府の調査で、支援が必要な家庭に公的支援が行き渡っていない実態が判明。府が門真市に事業を委託した。

 元教員らで作る「子どもの未来応援チーム」を市に設置。市内の六つの中学校区ごとに1~2人が担当し、地域の人々などから支援が必要な子どもや家庭について、寄せられた情報を元に、支援制度を紹介したり家庭訪問をしたりする。

 キックオフイベントとして、9月29日に同市で、府立大学の山野則子教授が「子どもの未来を考える」をテーマに記念講演。市民ら約470人が参加した。

 山野教授は、行政サービスが受…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら