[PR]

 フジテレビは30日、近く公示される衆院選に配慮し、10月16日から放送開始予定だったフジ系ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」を、同23日からの放送に延期する、と発表した。

 ドラマは、俳優篠原涼子さんが主演する新米市議の活躍を描く「市政エンターテインメント」だ。

 同局は「第1話に選挙のシーンがあり、当初予定しておりました10月16日(月)が衆議院選挙公示期間中にあたることから、総合的に判断し変更することにいたしました」としている。