[PR]

 神奈川県座間市緑ケ丘6丁目のアパートの室内でクーラーボックスから切断された2人の遺体の一部が見つかった事件で、警視庁は31日までに新たに7人の遺体の一部を発見した。警視庁は同日、このうち1人の遺体を遺棄したとして、この部屋に住む職業不詳、白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。

 捜査1課によると、白石容疑者は容疑を認め「自宅で死体を解体してクーラーボックスに入れた。私が殺害した遺体を、証拠隠滅の目的でやったことは間違いない」などと述べているという。他の8人の死亡の経緯についても事情を知っているとみて調べる。

 同課によると、白石容疑者は8月22日~10月30日、自宅アパートで性別不明の遺体を損壊し、猫のトイレ用の砂のようなものをかけてクーラーボックス内に隠した疑いがある。室内からはクーラーボックスが三つ、大型の収納箱が五つ見つかり、うち七つから9人の頭部のほか、足や腕などとみられる骨が大量に見つかった。

 遺体のうち8人は女性とみられ、白石容疑者は「浴室で遺体を解体した」と説明。遺体の一部は捨てたとも話しているという。

 東京都八王子市の女性(23)が今月21日から家族と連絡が取れなくなり、24日に女性の兄が「妹と連絡がとれない」と高尾署に届け出た。女性はツイッターで「一緒に死んでくれる人を探している」などと投稿していた。

 警視庁が女性の行方を捜していたところ、インターネットの自殺サイトで知り合ったとみられる白石容疑者が浮上。30日午後、容疑者宅の玄関内側に置いてあったクーラーボックス1個から2人の頭部を発見した。31日までに別の箱からさらに7人の頭部が見つかった。

 白石容疑者は八王子市の女性について「会ったのは初めてだった。殺害した」と話しているという。同課は、30日に発見した2人の遺体のうち1人がこの女性の可能性があるとみて身元の確認を進めている。

 23日にはJR八王子駅と小田急線相武台前駅の防犯カメラに白石容疑者とみられる男と女性が一緒に歩いている姿が映っていた。