[PR]

 米俳優のケビン・スペイシー氏(58)が29日、約30年前の少年へのセクハラを謝罪した。これを受け、ネット動画配信サービス「ネットフリックス」は30日、スペイシー氏が主演する人気ドラマシリーズ「ハウス・オブ・カード」を次シーズンで終了することを発表した。

 米ニュースサイトのバズフィードが29日、スペイシー氏が1986年、当時14歳だった俳優のアンソニー・ラップ氏を自宅の寝室に呼び、性的な関係を持とうとしたと報道。スペイシー氏は同日、ツイッターに「酔っていて覚えていないが、そのような行動をしたのなら深く謝罪したい」と投稿し、「これまでに女性とも男性とも関係を持ってきたが、同性愛者として生きる道を選んだ」と同性愛を公表した。

 これに対して、未成年へのセクハラだけでなく、謝罪と同性愛の公表を同時にしたことが、同性愛者と小児愛者とを結びつけかねないとして同性愛者を中心に大きな批判を浴びた。

 米メディアによると、この騒ぎを受けて、ネットフリックスなど制作側は30日、「ケビン・スペイシーについての報道に非常に困惑している。共演者らの安全確保のために会合を開いた」とした上で、「ハウス・オブ・カード」を2018年の第6シーズンで終了すると発表した。報道によると、第6シーズンで番組を打ち切ることはすでに決まっていたが、騒ぎを受けて発表を早めたと見られている。(サンフランシスコ=宮地ゆう)