[PR]

 環境NGOの世界自然保護基金(WWF)ジャパンは31日、金融・保険業界で地球温暖化対策に熱心な企業ランキングを発表した。パリ協定と整合する長期目標を掲げた保険3社が上位に入った。

 65社のうち環境報告書などを発行している30社について、長期的なビジョンや省エネルギー、再生可能エネルギーの目標など21の指標で分析し、100点満点で評価した。その結果、1位は東京海上ホールディングス(78・2点)で、MS&ADインシュアランスグループホールディングス(75・1点)、SOMPOホールディングス(72・5点)が続き、高い評価を受けた。

 ただ、業界平均は34・9点で、過去調査した電気機器(48・7点)や輸送用機器(46・7点)などの業界と比べると低かった。

 WWFジャパンの担当者は「金…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら