[PR]

 大丸松坂屋を運営するJフロントリテイリングは31日、松坂屋上野店(東京都台東区)南館跡地に建設した「上野フロンティアタワー」の内覧会を開いた。開業は11月4日。「若者文化」を発信してきたパルコを投入し、客層の若返りを図る。不動産事業を強化するJフロントと傘下のパルコの本格協業が始まった。

 地下2階、地上23階建て。1~6階にパルコが運営する「PARCO_ya(パルコヤ)」、7~10階にTOHOシネマズ上野、上層階はオフィスが入る複合施設。パルコヤのテナントは68店舗で1階にはアシックスの「オニツカタイガー」や、上野創業の帽子専門店「CA4LA(カシラ)」のほか化粧品売り場などが並ぶ。ターゲットは30~40代。松坂屋の顧客を若返らせると同時に、パルコは百貨店を利用する富裕層の来店を期待する。バッグ専門店「KURA CHIKA by PORTER」は、通常より価格帯が上の15万円以上のビジネスバッグをそろえた。

 上野を訪れる訪日外国人客も意識する。松坂屋が運営する地下1階には、英語、中国語、アラビア語に対応する案内所を設置。上野エリアの土産物など約400点をそろえた。

 Jフロントは東京銀座に開業し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。