[PR]

 馬路村の馬路保育所の園児23人が10月31日、ハロウィーンの仮装でパレードした。

 小さな魔女などに扮した園児たちは、村役場や教育委員会、馬路村農協など約800メートルをゆっくり歩いた。「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」という可愛い声が澄み渡った秋空に響いた。チョコやお菓子をもらうと「うれしい」「ありがとうございます」と歓声をあげた。

 同保育所は、国際交流員として米国から約2年前に村に来ているジョン・ワードさん(29)のアドバイスを受けて、初めてハロウィーンパーティーを開いたという。ジョンさんは「馬路村は自然がすばらしく大好きです。ハロウィーンの楽しさを子どもたちに伝えられてうれしいです」と話している。

 行進した徳広ねいちゃん(6)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら