[PR]

 第40回記念大会日本スリーデーマーチ(東松山市・市教委、日本・県ウオーキング協会、県、朝日新聞社主催)が3日、開幕する。東松山市を主会場に5日までの3日間、日本最大の「歩く祭典」が華やかに繰り広げられる。

 1978年11月に群馬県多野郡新町(現高崎市)で開催された第1回大会は3日間の延べ参加者が1805人。第3回から主会場を東松山市に移し、92年の第15回大会で延べ8万人を突破し、2012年の第35回記念大会は延べ12万3658人を記録した。

 歩くルートは3通り。いずれも東松山市の中央会場(松葉町1丁目の市立松山第一小学校)をスタート・ゴールに、3日は「吉見百穴・森林公園ルート」、4日は「和紙の里・武蔵嵐山ルート」、5日が「都幾川・千年谷公園ルート」となる。各日5、10、20、30、40、50キロの各コースがあり、4日は東秩父村・和紙の里からスタートする30キロ特別ルートもある。

 東松山市のほか、熊谷など2市…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら