[PR]

 米歌手マリリン・マンソンさん(48)が9月30日夜、ニューヨークでのコンサート中、舞台のセットが倒れて下敷きになり、病院に搬送された。

 予定されていたツアーの中止が1日、発表されたが、バンドのギタリスト、タイラー・ベイツさんは1日、インスタグラムに「マンソンはすぐ戻ってくる」と書き込み、命に別条はないと明らかにした。

 会場にいたファンたちが撮影した映像によると、マンソンさんは1980年代のユーリズミックスのヒット曲「スイート・ドリームス」を熱唱中、巨大な2丁の拳銃の模型を組み合わせたセットによじ登ろうとしたところ、倒れてきた。スタッフが駆け寄り、ステージが暗転する異様な雰囲気で、ファンもこれが演出ではないことに気付いた。

 マンソンさんは、派手に化粧した顔や猟奇趣味が特徴の人気歌手で、公演中に聖書を引き裂く「反キリスト教のスーパースター」として根強いファンを抱えている。(時事)