[PR]

 中越交通(新潟県三条市)は2日から、燕三条地域のご当地ラーメン店を案内する「燕背脂ラーメンタクシー」の運行を始めた。ラーメンに詳しいドライバーが、金属加工などの地元産業も紹介しながら客を乗せて観光地を巡る。

 タクシーにはのれんのデザインが描かれ、屋根のあんどんにどんぶり、タイヤにナルトがあしらわれている。

 案内する4人のドライバーは、自らの足で店を回って味の特徴を調べたラーメン好きたち。ラーメンを食べ歩いて40年という山村滋彦さん(57)は、「店で受けられるサービス、ラーメンの歴史などのうんちくを伝えたい」と意気込んでいる。

 タクシーは、1台貸し切り1時間で6千円。問い合わせは、中越交通ラーメンタクシー係(0256・38・2021)。(加藤あず佐)