拡大する写真・図版 「立憲民主党」の設立について記者会見後、党名の書かれたプレートを掲げる枝野幸男氏=2日午後6時14分、東京都千代田区、葛谷晋吾撮影

[PR]

 2日、東京都内のホテル。民進の枝野幸男代表代行が1人、「立憲民主党」のボードを手に新党結党への思いを語った。

 「私たちの目指すべき社会のあり方、理念や政策の方向性を応援してくれた皆さんにとって、選択肢がない状況になってしまっている」「多くの国民から『枝野が立て、その選択肢を作れ』という激励を頂いた」

 枝野氏が新党を視野に動き出したのは、衆院解散翌日の9月29日。小池氏が記者会見で、改憲支持や安全保障法制の容認などを条件に候補を絞り込む「排除の論理」に正面から言及してからだ。民進の理念や積み上げてきた政策を「新たなプラットフォーム」で実現するとの前原氏の説明とは、まるっきり違う展開にあぜんとした。

 翌30日には、民主党政権を切…

この記事は有料会員記事です。残り753文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り753文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り753文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら