[PR]

 フィギュアスケート女子の本田真凜(16)と、化粧品大手のコーセーが2日、広告出演契約を結んだ。

 コーセーは契約について、「世界の舞台に挑み続ける本田選手をメイクアップという形で応援したい」としている。

 本田は「メイクアップアーティストさんに憧れるくらい、メイクが大好きです。今シーズンはシニアデビューの年なので、大切に、一生懸命頑張りたい」とコメントしている。

 本田は日本航空やプリンスホテルともスポンサー契約をしている。

 コーセーは、新横浜スケートセンター(横浜市港北区)の命名権(ネーミングライツ)を3年間取得することも発表した。

 また、神戸市に本社を置く医療機器メーカーのシスメックスがこの日、フィギュアスケート女子の三原舞依(18)と坂本花織(17)と所属契約を結んだと発表した。ともに神戸市出身。同社は「神戸の企業として、世界で活躍する2人をサポートしたい」としている。