[PR]

 「全国から多くの寄付をいただき本当にありがたい」

 7月の九州北部豪雨で大きな被害を受けた福岡県朝倉市の担当者は、被災直後から急増したふるさと納税の寄付に驚く。

 土砂災害に遭った農家も多く、7月中は特産のナシやブドウなどの返礼品は中止していたが、7月の寄付額は前年同月の6倍の1・2億円に達した。返礼品を再開した8月以降も、辞退する人が少なくないという。今年度上半期に寄せられた3億円のうち、半分の1億5千万円は返礼品なしの寄付だ。

 同様に、昨年4月に熊本地震で被災した熊本市にも、返礼品がない復興支援向けの寄付を中心に1年間で36億円が集まった。

 もともと、ふるさと納税は、生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら