[PR]

(4日、日本ハム3―0オリックス)

 与えられた課題が大きければ大きいほど、日本ハムの大谷翔平はいつも、抜群の集中力を発揮して克服してきた。「1番打者で投手」や、試合を締めるクローザーでの起用。そして、プロ5年目の本拠最終戦で栗山監督が課したのは、「4番・投手」での先発出場だ。

 鋭いスライダーと最速162キ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら