[PR]

【愛知】

 前回15選挙区中八つで勝利した自民は、今回も8選挙区で一定の差をつけている。かつて「民主王国」と呼ばれた愛知だが、分裂騒動の影響もあり、民進に所属していた候補が押し気味の選挙区は二つにとどまっている。残る5選挙区では競い合う展開になっている。

     ◇

▼小選挙区の記事の文末のかっこ内は12年、14年の衆院選当選者の当時の所属党派。定数減で区割りが変わった選挙区は注釈をつけた。比例区の文末は12年、14年の各党の議席獲得数を表す。民は民主党、維は12年は旧日本維新の会で14年は維新の党、みはみんなの党、未は日本未来の党、国は国民新党、次は次世代の党、生は生活の党、大は新党大地。

▼記事は投票態度を明らかにした人を分析した。記事の中で「無党派層」とあるのは、「支持する政党はない」「答えない・わからない」の合計。

 ■1区 熊田がやや先行してい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら