[PR]

 希望の党代表の小池百合子・東京都知事は6日午前、連合の神津里季生(こうづりきお)会長と東京都内の連合会館で会談し、衆院選での支援を求めた。会談には民進党の前原誠司代表も同席した。

 会談後、小池氏は記者団に「支援の要請をさせてもらった。(神津氏から)これまでいろいろとつながりのあったみなさんのご支援を頂く、というお話をちょうだいした」と説明。神津氏は「私たちが支援している連合推薦候補を(希望と立憲民主党の)どちらの党にいても、無所属であっても全力を挙げて支援していく」と記者団に述べ、民進出身者を支援する考え方を伝えたという。

 神津氏はこれまで、希望の党が民進合流組の一部を排除した衆院選の公認決定に至る経緯を「極めて遺憾だ」と批判し、連合として今回の衆院選では希望の党と政策協定は結ばず、特定政党の支援は見送る方針を確認している。

 神津氏は小池氏らとの会談後、立憲民主党の枝野幸男代表とも会談。枝野氏も衆院選での支援を求めた。

こんなニュースも