[PR]

 公明党の山口那津男代表が7日、埼玉県のJR大宮駅前で街頭演説し、この地域が選挙区の枝野幸男元官房長官が代表を務める「立憲民主党」を、「政権運営に失敗した民主党の人たちばかりだ。『一見民主党』と言った方がいいんじゃないか」と痛烈に皮肉った。

 山口代表は、民進党が希望の党への事実上の合流を決めた経緯にも触れ、「立憲の人たちは考え方を貫いたと言っているが、(希望に)受け入れてもらえないから舞い戻って新党をつくった」と批判した。演説では、消費税の使途変更や北朝鮮問題が争点になるとし、「かじ取りを自公の連立政権に委ねて欲しい。庶民の目線に立った公明がいなければならない」と訴えた。(金子智彦)