[PR]

 バブルに沸いた1980年代を象徴するディスコ「マハラジャ」が仙台で25年ぶりに復活した。6日の初日に多数繰り出したのは当時、遊び盛りの若者だった男女たち。色とりどりの光のシャワーを浴びながらダンスのリズムに酔いしれた。

 仙台市青葉区国分町にできた仙台店は、84~92年にあった元の店から北へ100メートルほどのビルの2階。東京、大阪、名古屋などで再オープンが相次ぐマハラジャとして6店舗目となる。フロアは300平方メートル弱で200人ほどが入れる広さ。幅6メートルほどの「お立ち台」やVIPルームも備えている。

 仕事帰りに友人らと店を訪れた女性(49)は「若い時は連日のように踊っていた。今流れる曲は以前と違っていて残念だけど、またここで踊れてうれしい」とはしゃいでいた。

 月~土曜は午後9時から午前5時まで、70~90年代のディスコサウンド中心の日曜と祝日は午後7時から午前0時まで営業する。(森治文)