[PR]

 川崎市宮前区のトンネルで2006年、近くに住むアルバイトの黒沼由理さん(当時27)が刺殺された事件で、神奈川県警は10日、同市高津区に当時住んでいた元会社員鈴木洋一容疑者(37)=別の女性への殺人未遂罪で服役中=を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、鈴木容疑者は06年9月23日午前0時ごろ、宮前区のJR武蔵野貨物線線路下のトンネルで、徒歩で帰宅中の黒沼さんの右胸と左腹を刺し、殺害した疑いがある。

 鈴木容疑者は事件から半年余り後の07年4月、約1・5キロ南の同区の路上で、当時40歳の会社員女性を刃物で刺し、大けがを負わせた。懲役10年の判決を受けて服役中の昨年1月、「話がしたい」との手紙を県警の捜査員に送ったという。

 県警は、面識のない女性を狙った連続殺傷事件とみて調べる。