[PR]

 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2017年のノーベル経済学賞を、米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72)に贈ると発表した。授賞理由は「行動経済学への貢献」で、経済活動における人間の動きの分析に、心理学を応用し、経済をより合理的な説明ができるように貢献したことが評価された。

 経済学では、経済主体となる人は、モノの値段の比較などすべての情報を知り、合理的な判断ができることが前提になっているが、現実の世界はそういう状況にはない。行動経済学は、現実に即して経済活動を分析できるように、人の判断は「限られた合理性」に基づくことを前提に、人の判断のあり方を多角的に調べてその影響を調べるものだ。

 セイラー氏はこの分野で草分け…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも