[PR]

砂丘に築く 発展の基礎

 〈生みの親〉 日本海に面した県で一番盛んな鳥取の野球は、故林重浩が基礎を築いた。米子中(現米子高)鳥取中(鳥取西)の校長などをつとめ、米子中時代の明治39年、捕手からは外野手の顔しか見えない波打った砂丘のグラウンドを見て、全校生とともにモッコをかついで裏山から土を運び、勝田ケ丘球場の整地作業に汗を流した。

 のち鳥取中に転校したが、先生を先生とも思わぬ生徒が多く、当時は年に30回もストライキをするなど、全国でも指折りの札つき学校。さっそく全生徒に必ずスポーツをやらせて、若人のエネルギーを発散させ、名門校に鍛え直した。

 大正4年の第1回大会に山陰代表の鳥取中は、2回戦で和歌山中に1―0とリード。だが、9回に大量7点を奪われて敗れた。和中がスクイズを次々とやるのに、内野手は本塁へばかり送球してバントの走者を全部生かしたのが敗因。このにがい経験を生かして昭和4年には準決勝へ進出した。

 〈親子二代〉 米子東の故吉灘好栄と吉灘立(現米子高専助教授)は親子二代部長。米子中は昭和5年の第16回大会で大邱商に4―0と敗れた。一カ月後、徳島での招待試合で、その年の優勝チーム広島商を破ると、好栄は「手のまい、足の踏むところをしらず、天なんぞこの喜びを甲子園にて与えしめざりしや」という祝電をチームに打った。きびしい中にも選手と苦労をともにしたから、慈父のように慕われた。

 岡本速水―岡本利之は米子東親子二代監督、父速水は、昭和12年から終戦21年まで、野球部を指導、息子の利之(関大―ライオン)は「生徒には学生服以外ジャンパーも着せない」というとおり、堅実な野球を教えている。

 故粟屋仙吉。米子中三塁手。昭和8年、交通巡査と一兵士が交通違反がもとで争った“ゴーストップ事件”は大阪府警察部長時代。昭和20年広島市長のとき原爆で死亡。

 故名原広三郎。林校長当時の気骨の部長。これをついだのが、通称“猫さん”こと猫山菊三郎部長(故人)。年中黒の詰えり、ゴムグツの姿で通した数学の大家。昭和3年、夏季練習の合宿所がないと知ると家族を郷里に帰して家を開放、奥さんがまかない方。これに感激した選手が発奮し、予想をくつがえして山陰代表となる。

 〈鳥取西と米子東〉 鳥取西は明治29年、米子東は一足早く26年にそれぞれ部を創設した。先輩の米子東が鳥取西より出遅れたのは、原田校長の野球ぎらいのためといわれる。

 大正4年第1回大会に出場した鳥取中の松木敬治(自営)は「杵築中との山陰大会の決勝が豊中球場で行われ、その時にはじめてホームベースをはさんで、両軍選手があいさつした」という。この鳥取西からは主将の鹿田一郎投手(元日赤本社振興部長)故西村豊(神戸高商、満鉄)早大の故宮脇環捕手と二塁手山崎武彦(山崎商会社長)故由谷敬吉投手(東大)千谷七郎捕手(東京女子医大精神神経科教授)。大正7年山陰で優勝したが、米騒動でひのき舞台を踏めず、バットを絵筆に持ちかえた伊谷賢蔵(元京都学芸大教授)プロでは藤井勇(大洋二軍監督)と故中河美芳(イーグルス、戦死)山根俊英(サンケイコーチ)高垣義広(大洋)らが出る。

 米子東には故湯浅禎夫(元大毎監督)故清水秀雄(明大、南海、中日、大洋)木下勇(元西鉄、米子工監督)土井垣武(元阪神、解説者)長谷川善三(西鉄コーチ)戦後初出場した時の投手綿辺文紹(一橋大、三菱銀行)直江輝昭(早大、住友金属)31年第38回大会で岐阜商の清沢と投げあった長島康夫(富士製鉄)。

 倉吉中(現東)の勝島校長は大正6年一高の内村祐之に指導を依頼している。ここからは昭和5年、法大が第1回の東京六大学に優勝をとげた時の外野手故藤井繁が出た。このほか境高から米田哲也(阪急)が出ている。(1968年6月7日掲載)

こんなニュースも