人格否定の「ブラック新人研修」とは 自殺で労災認定も

有料記事

堀内京子
[PR]

 ゼリア新薬工業の新入社員だった男性(当時22)が新人研修中に自殺し、労災認定されていた。遺族が8月、記者会見して明らかにした。研修の一部を委託された会社の講師から、意に沿わない告白を強要されたことなどで精神疾患を発症。強い心理的負荷が自殺の原因と認められた。参加者の心を壊す研修の実態とは――。

 男性は2013年4月1日、ゼリア社にMR(医薬情報担当者)として入社。同10~12日、新入社員を対象にした「意識行動変革研修」を受けていた。

 「弱みをさらけ出せ」

 遺族や代理人弁護士によると、講師にそう迫られた男性は、吃音(きつおん)を同期の社員らの前で「告白」させられた。

 「吃音ばかりか、昔にいじめ…

この記事は有料記事です。残り1517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。