[PR]

 「だらだらしている」。取組以外の時間が長いことから、大相撲中継は時にそう批判されることがある。本当か? 今や人気が過熱してチケットがなかなかとれない大相撲だが、1等席はテレビの前かもしれない。中継の魅力を探る。

 その日、NHKのカメラは、横綱日馬富士が支度部屋から出てくる瞬間を切り取った。9月の秋場所、千秋楽。意外にも柔らかな表情で、土俵へ向かう姿は映画のよう。ツイッターにも「かっこいい」「大横綱」とファンの声があふれた。逆転優勝をもぎとるまでの約15分間、複数のカメラが追い続けた。

 大相撲中継は、年6場所で90日間放送されている。BSとラジオを含めると約7時間(年630時間)。視聴率は、10%台なら人気番組とも言われる今、高い時では20%を超える(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 土俵そばや吊(つ)り屋根からの映像など中継だから伝えられる多彩なアングル。幕内ではカメラ14台が稼働する。チーフ・プロデューサーの小塚修平さんは「力士がどんな表情で戦いに挑むのか、勝敗を分けた一瞬の技は何だったのか、ニュースやネット配信では見られない映像にもこだわっている」。

 立ち合いのあたりが強い力士同士の取組は吊り屋根の集音マイクの音量を上げ、「ドン」という音を聞かせる。大一番の時はアナウンサーもコメントをせず、会場の高揚感を伝える。名古屋場所で相撲協会の関係者ですら入れない技を判定するビデオ室にも放送した。

 取組の合間の企画も好評だ。数秒で決着がつく取組もあり、放送時間の大半を「待ち時間」と感じる人もいる。最近は、おしゃれになりつつある力士の浴衣や、まげを結い上げるくしの特集など、相撲を取り巻く文化を伝える特集も増えた。小塚さんは「女性や外国人のファンも多く、いろいろな視点で相撲を伝えることも使命」と話す。

 相撲中継が午後6時にぴたりと終わるのはなぜか。

 大相撲中継の歴史は長い。ラジオが始まったのは1928年。それまでは制限時間はなく、互いの呼吸が合わずに50回以上立ち合いをしたこともあった。ラジオ中継をきっかけに、制限時間が設けられ、今は幕内約4分と決められている。休場者が続出した秋場所は、審判が仕切りの回数や、呼び出しが土俵を掃く時間を増やし、中継時間に合わせたという。

 テレビは53年に開始。その前年にも変化が起きた。土俵に吊り屋根が導入されたのだ。それまでは屋根は四本柱で支えており、客席からも見にくかった。2006年には土俵を真上から写す吊り屋根カメラも本格運用。おかげで取組を俯瞰(ふかん)した映像を楽しめる。

 映像の使途は中継にとどまらな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。