[PR]

 廬山寺(ろざんじ、京都市上京区寺町通広小路上ル)の阿弥陀如来及(および)両脇侍坐像(きょうじざぞう、いずれも国重要文化財)は、臨終の際に浄土からお迎えに来た阿弥陀如来と観音・勢至菩薩(せいしぼさつ)を表す来迎(らいごう)像だ。早くお迎えに来て――そんな願いに応えるように、両菩薩のひざをそろえた座り方と強く後ろにたなびく衣が来迎の速さと臨場感を巧みに表現している。

 13世紀初めの作と推定される。穏やかな顔立ちや浅くなだらかな衣文(えもん)は定朝様(じょうちょうよう)を受け継ぎつつ、絞った胴体に次代の表現が見える。今年、国重要文化財に指定されたばかりだ。(久保智祥)