[PR]

 2020年に東京五輪・パラリンピックを控え、日本を訪れる外国人が増えていることに対応し、タブレット端末や電話を利用した「遠隔通訳」サービスが脚光を浴びている。小売店から交通機関、24時間対応が必要な緊急通報でも利用が広まっている。

 「再度確認致しますので少々お待ち下さい」

 西洋系の男性は日本語でこう話すと、次はスペイン語で話し始めた。隣ではアジア系の女性がメモをとりながら中国語で通話。ガラス張りの部屋に、多国籍な約30人がヘッドセットをつけてズラリ。電話で通訳サービスを提供する「ブリックス」(東京都新宿区)の通訳センターだ。

 電話の向こうでは、同社と契約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら