[PR]

 神奈川県大井町の東名高速で6月、ワゴン車が大型トラックに追突され夫婦が死亡、娘2人がけがをした事故。神奈川県警は10日、進路をふさいでワゴン車を停車させ、追突事故を引き起こしたなどとして、福岡県中間市の建設作業員石橋和歩容疑者(25)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)などの疑いで逮捕した。

 事故で亡くなった車整備業萩山嘉久さん(当時45)の母・文子さん(77)は「こんなに早く逮捕したと聞けるとは思っていなかった」と驚きながらもほっとした様子で取材に応じた。

 「一番近くにいた嘉久がいなくなって、寂しくて」。事故後は、嘉久さんがいなくなったとは思わないようにしてきた。逮捕の報道で嘉久さんのことを思い出し、眠れない日が続いているという。「また会いたくて、声が聞きたくて、涙が止まらなくなる」

 嘉久さんの親友で静岡市のトラック運転手田中克明さん(45)は石橋容疑者の逮捕を聞き、事故後初めて嘉久さんの経営する工場を友人らと訪れた。「仕事熱心だった萩山のことだから、やり残した仕事があるって、もどかしく思っているんだろうな」と思い出を語り合った。「逮捕されてうれしい気持ちはない。でも、萩山の名誉が守れてよかった」(佐藤栞)