写真・図版

[PR]

 いまやスマートフォンは一人一台の時代。コミュニケーションや情報収集のために欠かせない道具ですが、健康管理にも役立ちます。

 定番は歩数計アプリ。からだの動きをセンサーでとらえ、歩数や消費カロリーを計算する。歩数計は以前の携帯電話にもあったが、スマホはGPS(全地球測位システム)と連動させ、どこをどう歩いたか、地図上に落とし込んでくれる。

 睡眠時間や心拍数を測定するアプリも多い。睡眠アプリは、枕元にスマホをおき、寝返りなどの動きから睡眠の状態を判定する仕組み。いびきや寝言、歯ぎしりを録音・確認できるものもある。心拍計は、カメラのレンズの上に指先を10秒ほどあてていると、血流の変化から心拍数を測ってくれる。通常の心拍の波形と比べることで、不整脈の可能性をチェックするアプリもある。

 カロリー計算では画像認識技術…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら