[PR]

 本州唯一のナベヅルの越冬地、山口県周南市の八代盆地の田んぼに13日、今年もツルの等身大のデコイ(模型)が設置された。上空を飛ぶツルを呼び寄せたり、縄張り争いに負けて逃げ去るのを引き留めたりする効果があるという。

 市立八代小学校の児童13人が、野鶴(やかく)監視所の南西約500メートルに広がる餌場の水田に20体を群れのような形で配置。自然に見えるよう足元をワラで覆って整えた後、大空に向かって「ツルよこーい、早くこーい、たくさんこーい、待ってるぞー」と呼びかけた。

 5年生の長島一花さん(10)は「きれいなツルが大好き。去年よりたくさん来てほしい」と話していた。

 市によると、デコイは1998…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら