取材は歓迎、でもネット上の自由な論評は… 中国共産党

有料会員記事

北京=冨名腰隆
[PR]

 中国共産党が「開かれた党」のアピールに躍起になっている。18日に始まる党大会には過去最多の外国メディアの記者が集まる見通し。党大会出席者への取材スペースも初めて設ける。ただ、インターネット上では統制を強めており自由な論評は認めない構えだ。

 国営新華社通信によると、共産党大会への取材登録者は1800人を超えた。5年前の前回を100人近く上回っているという。大会で審議される議案なども前回は8カ国語で発表していたが、今回は朝鮮語ポルトガル語など4カ国語を加えるという。

 このほか、「中国版ライン」…

この記事は有料会員記事です。残り445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら