[PR]

 米欧など6カ国とイランが2015年に結んだイラン核合意について、トランプ米大統領は13日の演説で「合意を認めない」と宣言した。合意の枠組みには当面はとどまる意向を示したが、イランへの制限強化が必要だとして「我々が議会や同盟国と協力して解決策に達しなければ、核合意を終わらせる」と迫った。

 今後、トランプ政権の要求が通らなければ合意を破棄するという強硬姿勢を示した形だ。

 トランプ氏は演説の冒頭でイランの現政権を「ならず者政権」と呼び、「世界屈指のテロ支援国家だ。ミサイルを開発、配備、拡散して米軍や同盟国を脅威にさらしている」と批判の言葉を並べた。

 核合意は「米国史上最悪の一方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも