[PR]

 札幌市の建設コンサル会社の新入社員の男性(当時28)が自殺したのは、過労によるうつ病が原因だったなどとして、男性の両親が会社を相手取り約9700万円の損害賠償を求めた訴訟が13日、札幌地裁で和解した。金額は非公表だが、会社が遺族に賠償金を支払う内容という。

 訴状などによると、男性は2014年4月、同市東区の建設コンサル会社「日本データーサービス」に入社。周囲の支援がないまま公立中学校の基本設計業務を実質1人で担当。うつ病の症状が現れ、15年2月に自殺した。

 死亡直前の1カ月間の時間外労働は約200時間で、約4カ月間では約570時間に上った。両親は「過重労働でうつ病を発症し自殺したのは、会社が安全配慮義務を怠っていたからだ」と訴えていた。

 両親の代理人弁護士によると、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら