[PR]

 国内未承認の米国製小じわ取り機「サーマクール」が不正に販売・リースされていた事件で、大阪府警は15日、無関係の医師の名を使って輸入申請書類を偽造したなどとして、医療機器販売会社(大阪市)の代表(62)ら2人を有印私文書偽造・同行使の疑いで再逮捕し、発表した。

 他に再逮捕したのは同社役員(51)。代表は「偽造を指示したことはない」と容疑を否認。同社役員は「社員に指示してやらせた」と供述する一方、代表の関与は否定しているという。

 生活環境課によると、両容疑者は共謀して昨年10月、サーマクール2台とその部品を輸入するため、関係の無い医師免許のコピーを無断で使って申請書類を偽造し、厚生労働省に提出した疑いがある。

 サーマクールは販売やリース目…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら