[PR]

 橋本市内で14日、「橋本秋まつり」が始まった。市街地を中心とした各地区のだんじりが、かねや太鼓などの音を響かせながら市内を練り歩いた。

 市中心部の市保健福祉センター周辺では交通規制が敷かれ、各地区のだんじりが次々と訪れて勢いよく方向転換する「やりまわし」などを披露した。

 午後2時半ごろからは、同センター周辺でだんじりのパレードが行われた。時折、雨が降る中、そろいの法被などを着た氏子らによる各地区のだんじりが次々と登場し、全力疾走する姿などを見せていた。

 15日の本宮では、各地区のだんじりがそれぞれの地元の相賀大神社、相賀八幡神社、牛頭天王社に宮入りする。(鈴木芳美)