[PR]

 小池百合子代表(東京都知事)が結成した希望の党で、候補者の出身によって政策に対する考え方が「小池色」と「民進色」に二分されていることが浮き彫りになった。衆院選の公示直前に民進党から多数が合流して大同団結したものの、小池氏の求める「政策の一致」は道半ばのようだ。

 衆院選終盤に向け、安倍首相批判を強める希望の小池代表――。朝日・東大調査によると、足元の党内は全体としては首相に対して反感を持つ人が多数を占めた。ただ、その度合いでは、民進からの合流組とそれ以外の人では温度差もあった。

 調査では、首相への気持ちにつ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース