[PR]

 第17回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(今治市、広島県尾道市、日本ウオーキング協会、朝日新聞社主催)は2日目の14日、尾道から今治までの80キロを2日間かけて歩くコースなど、4コース(10~40キロ)に計2350人がスタートした。雲間から晴れ間が時折のぞく中、大勢の参加者が秋の海道を楽しんだ。

 今治市の大島では、戦国時代に瀬戸内海の覇権を握った村上水軍ゆかりの地を探訪する15キロコースに332人が参加。オプショナルツアーでは、能島村上家が拠点とし、小説「村上海賊の娘」の舞台でもある能島に約100人が上陸した。

 能島は全域が国史跡「能島城跡」で普段は立ち入りできない。この日はガイド役として地元の矢野靖雄さん(76)ら4人が同行。島の各地で建物跡が確認されたことなどを紹介した。

 埼玉県新座市から参加した中野…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら