[PR]

 東アフリカ・ソマリアの首都モガディシオで発生した爆破事件で、地元政府は16日、死者が276人、負傷者が約300人になったと明らかにした。

 同国ではイスラム過激派シャバブによる攻撃が相次いでいるが、16日未明現在、犯行声明は出ていない。一方、同国の情報相はツイッターで、「野蛮な攻撃」とシャバブを非難。またトルコやケニアなどから、医療支援の申し出があったことも明らかにした。

 AP通信によると、爆発はホテルや飲食店などが立ち並ぶ地区で14日に発生。爆発物を積んだトラックなどが爆発し、多数の市民が倒壊した建物の下敷きになったとみられる。(石原孝

こんなニュースも