[PR]

 追い越した車を追いかけてサイドミラーを壊したとして、埼玉県警は16日、東京都立川市富士見町1丁目の自称建設作業員、宮城将宏容疑者(31)を器物損壊の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 新座署によると、宮城容疑者は16日午前5時10分ごろ、同県新座市のマンション駐車場で、東京都豊島区に住む団体職員男性(62)の軽乗用車の右ミラーを、鉄パイプでたたいて壊した疑いがある。鉄パイプは自動車整備用で、自車に積んでいたという。

 宮城容疑者はこの直前、東京都内の国道254号で自車を追い越した男性の車を追いかけ、距離を詰めたり、信号待ち中に車から降りて男性の車を蹴ったりしながら直線距離で4~5キロ追跡。駐車場に逃げ込んで停車した男性の車のミラーを壊したという。「割り込まれて頭にきた」などと話しているという。