[PR]

 東北は長雨、西日本は猛暑となった今夏。海産物や野菜への影響が心配される中、秋の味覚マツタケが各地で凶作だ。ただでさえ高級品なのが、さらに手の届かないものになっている。

 日の光が適度に差し込み、湿り気もある。長野県伊那市でマツタケ採りを専業にしている藤原儀兵衛さん(79)が管理する山にはアカマツが一面に並ぶ。だが足もとを見ても、肝心のマツタケが今年はほとんどない。

 例年はこの時期、山に入ると1日でかごが4、5回はいっぱいになるというが、この日は売り物になるのをやっと5本見つけただけ。「虫に食われていたり、カサをナメクジになめられて腐っていたり。マツタケに関わって60年になるが、こんなにひどいのは秋に異常な高温となった1992年以来」とため息をつく。長野県はマツタケの生産量が国内トップの6割を占めるが、県内の同業者に聞いても同じ状況という。

 全国2番目の生産量を誇る岩手県の山田町でマツタケを採る芳賀栄三さん(72)も「今年はいつもの1割もとれない」。町で開かれる競りは、例年だと30~40人が計100~150キロ、持ち寄る。だが今年はその回数も減り、あっても来たのは5人で各5キロほど、という状況だった。

 当然だが値は上がる。東京・大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら