[PR]

 大量の食べ残しや異物混入問題などで、弁当を配達する方式の中学校給食を休止した神奈川県大磯町は16日、自前の調理施設の整備を検討する方針を明らかにした。各校に施設を造る方式や、小学校の調理室を増設して中学校分もつくる方式などが想定されている。中崎久雄町長は町議会の議員全員協議会で「年内に方式を提示したい」と述べた。

 給食休止に伴い、町は保護者に16日から弁当を持って来るよう求め、コンビニなどで買うことも認めている。弁当を持って来られない生徒や希望者には、近く地元業者から有料で弁当を提供する考えだ。