【動画】井山裕太挑戦者が囲碁名人位を奪還し、七冠に復帰=瀬戸口翼、戸田拓撮影
[PR]

 囲碁の井山裕太六冠(28)が17日、名人位を奪還し、2度目の七大タイトル独占を果たした。囲碁・将棋を通じて2度の七冠達成は初めて。昨年4月に囲碁界初の七冠となったが、昨秋に名人位を失い、六冠に後退していた。将棋界では羽生善治棋聖(47)が1996年に七冠を達成しているが、同年に独占が崩れてからは成しえていない。

 静岡県熱海市の「あたみ石亭」で打たれた第42期囲碁名人戦七番勝負(朝日新聞社主催)第5局で、午後6時36分、挑戦者の井山六冠が高尾紳路名人(40)に197手までで黒番中押し勝ち。4勝1敗でシリーズを制した。名人位は通算6期目。

 井山六冠は昨年4月、名人、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖に加え十段のタイトルを奪取。初の七冠となったが、同11月、高尾名人に敗れ名人位を失った。

 しかしその後、残る六つの全タイトル防衛に成功。名人への挑戦者を決める決定リーグ戦も全勝優勝して挑戦権を獲得した。高尾名人との七番勝負は開幕初戦こそ落としたものの、第2局から4連勝した。

 大阪府東大阪市出身。2002年に12歳でプロ入りし、09年に七大タイトル戦史上最年少の20歳4カ月で名人となった。15年の本因坊戦以来、七大タイトル全ての挑戦手合に歴代最長の18回連続出場中。今回の七冠独占で来期の名人戦まで24回連続出場が確定し、日本囲碁界で圧倒的な強さを誇っている。日本棋院関西総本部所属。(大出公二)

 〈井山裕太新名人の話〉 (2度目の七冠達成は)自分の実力からすると出来すぎで、信じられない。1度目の時より成長した姿をお見せできたかと思う。持てる力を精いっぱい出し切れた七番勝負だった。だが世界には自分くらいの力の棋士はたくさんいる。今後も世界戦に挑戦し続けていく。

関連ニュース